1. 忠臣蔵ウィーク2017
  2. >
  3. あこう忠臣蔵めぐり
  4. 第56回「JR播州赤穂駅」

第56回「JR播州赤穂駅」

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第56回は「JR播州赤穂駅」です。

 

「忠臣蔵のふるさと」赤穂の駅は、駅も「忠臣蔵」になっています。

 

武家屋敷をモチーフにした駅舎で、正面から見ると結構な迫力です。
2階の改札を出ると、すぐ右手が「観光案内所」になっているので、
ここで情報を入手してから、赤穂の町へ出ると便利ですよ。

 

2階の正面に、忠臣蔵三百年祭の大きな「忠臣蔵」の額がかかり、
階段の壁には、浅野内匠頭の辞世の句や「誠忠義士伝双六」の
赤穂義士の陶板、そして駅前ロータリーには、大石内蔵助の像が
建っています。

 

この内蔵助像の前の道を歩いて行くと、駅前通りから、お城通りに
入り、15分ほどで赤穂城跡の大手隅櫓が見えてきます。

 

その途中にも、これまで紹介した忠臣蔵スポットなどが沢山あるので、
寄り道しながら散策してみると面白いですよ。

PAGETOP