1. 忠臣蔵ウィーク2017
  2. >
  3. あこう忠臣蔵めぐり
  4. 第59回「赤穂大石神社 義士資料館」

第59回「赤穂大石神社 義士資料館」

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第59回は「赤穂大石神社 義士資料館」です。

 

境内にある義士資料館は「義士宝物殿」「義士宝物殿別館」
「義士木像奉安殿」「大石邸庭園・長屋門」の4ヵ所で、
かなり見ごたえのある展示になっています。

 

「義士宝物殿」は、大石内蔵助が討入りの時に使った采配や
合図の呼子鳥笛、義士の討入り衣装、吉良邸の絵図面などが。

 

「別館」には、赤穂浅野家や大石家、浅野家のあとに藩主に
なった、森家の宝物が納められています。

 

「義士木像奉安殿」は、義士切腹の満250年大祭を記念して、
昭和28年、当代超一流の彫刻家たちが一体づつ彫ったもので、
浅野内匠頭と、討入り姿じゃない、リアルな義士たちの姿が
表現されています。

 

「大石邸庭園・長屋門」は、大石内蔵助と家族たちが暮らした
屋敷の庭園と、刃傷事件を報せる早駕籠がくぐった長屋門の
内部を見ることができます。

 

この4ヶ所は、共通の拝観料で見ることができます。

PAGETOP